スタッフ募集中
ご意見、お問い合わせ
TEL 0857-21-7768
鳥取弥生町
ラウンジ

ラリック&バカラ
はじめから読む
お店のひとり言

                    Copyright (C) 2006 LALIQUE & BACCARAT. All Rights Reserved

<<前のページ | 次のページ>>
2007年9月22日(土)
やっと涼しくなって・・・・

この9月に入ってから、あまりにも町が静かで、当然お店も暇で、お客様が来ないかな〜と、首を長くしている間にあっと言う間に2週間経ってしまいましたね。時間が昔より早く進んでる!そんな感じですね。政治の世界もなんかめまぐるしいですね〜突然!安倍首相が辞任!色々事情があるのでしょうが、あまりにも突然で世界的にも不信感を抱かせたのではないでしょうか?それに何か無責任な感じ。本当に日本はどうなってしまうのでしょうね。今度の首相になる福田さんは、国民を馬鹿にしている感じの人だし景気回復を期待できないですね。自分たちの身は自分で守らなければ・・・。さあ後1週間で10月!今年もあと3ヶ月ちょっとで終り、あせりますね〜。気を取り直して、仕事仕事!

2007年10月30日(火)
長いご無沙汰でした。

9月はあまりにも弥生町が静かで、ブログを書くと愚痴ばかりになりそうで、ちょっと怠けていました。読んでくれている方にはスミマセンでした。10月はそれでも少しは良くなっているような感じなので、又出来るだけブログを書きますので当てにしないで読んで下さいね。それにしても都会は前回のバブルより凄いバブルだそうですが、鳥取では感じませんね〜。また愚痴になりそうですね。最近、当店では新スタッフが続々入店して、名前を覚えられないくらいですね。(歳のせいかな?)でも若い娘は可愛いですね〜でも自分たちの若かった時より、まだ子どもっぽい感じですけど、私たちも当時はそう見られていたのですかね。この子達が段々色々な経験をして大人になっていくのだろうな〜と考えると、何か楽しみと言うか、もっと大人になった時、良い思い出が出来れば良いなと思いますね。ぜひぜひ、皆さんも彼女たちの思い出作りのお手伝いに来てください。スタッフ一同待ってます。

2007年11月2日(金)
久々の満席!ありがとうございます。

本当に久々の満席に感謝、感謝!感涙でもまだまだですね〜。こんなことを言うと叱られちゃいますけど、満席でもお客さまの回転が無いんですね。次々お客様が入って来て、手が回らなくて困ったなんて言うのじゃなく、1番長いお客さまで4時間30分、お客さまも飽きないのですかね〜。又昔話になりますが、昔は1軒のお店で1時間遊んだら、次のお店へ、一晩に3軒くらいは、回ったのじゃないでしょうか。最近は多くて2件ぐらいですかね〜、特に居酒屋ばやりの昨今では、居酒屋で飲んで食べて終りと言うのが多いみたいです。寂しいですね。何度も書いていますけど、こんなことで会社の同僚とか、部下の方とのコミニケーションが取れるのでしょうかね〜え。飲んでいる時には、仕事の時とは違う人柄が見えたり、上司の面倒見の良さが見えたり、一宿一飯の恩義じゃないけど、あの上司にはいつも面倒を見てもらっているので、頑張らなくっちゃ!とか、その他、親密感と言うか、連帯感と言うか、そんなことが大切だと思うのですがね・・・・。仕事は決して一人では出来ませんよね。上司の方が部下に指示する、ただ上から下への伝達だけでは良い仕事は出来ませんよね。また部下の方もいつまでも部下のままではないですよね、いつか上司になって部下を持つようになる・・・その時が本当の自分の仕事になるのですが、そんな事は考えていない感じですよね。特に公務員の方は試験で課長、部長になっていくのでしょう、今の上司に仕事が終わってまで付き合う必要が無いと、考えているようですが、これは大きな間違いですね、自分が上司になった時、自分の部下が自分の事を理解してくれなかったら・・・・それでよい仕事ができますかね〜。遊びを知らない今の若い方が、将来日本のトップになっていくと考えると、日本は大丈夫でしょうかね。何か生意気なことを書いてしまいましたが、今の弥生町がこんなに静かだと、心配になりますよね。若者よ大いに飲んで、大いに遊んでくださいね。それともう1つ、部下と割り勘で飲む上司を追放しましょう!これでは部下はお金を払って、気を使って食べたり飲んだり、飲んだ気もしないし、食べた気もしませんよね。だから誘われたら、何とか断る理由考えるのですよね。平たく言うと、お給料の安い部下のお金で上司が楽しんでいる感じ!恥ずかしくないのですかね。それで部下の方によい仕事を望んでも無理ですね。余談でした。さあ又新しい週が始ります、。がんばりましょう〜と!

2007年11月14日(水)
新スタッフがなれてきて・・・

はじめの頃は緊張していた、新人スタッフも少しなれてきて少し笑顔が出るようになりましたね。なれない内は、お客さまが簡単な冗談を話していても何を話しているのか分からないくらい緊張するものみたいですね。私たちはもう忘れてしまいましたけど・・・・(笑)その緊張が可愛いと言ってくださるお客さまもいらっしゃいますが、私たちから見ていると、なれなれしいのは駄目ですけど、少し慣れて自然の笑顔が出るようになると、その娘の個性が出てきて良いのですがね。でも慣れてきたといっても、本当に慣れて、自然な感じでお客さまに接する事が出来る様になるには早い娘で、半年、普通で1年は掛かりますね〜。その間、お客さまにはご迷惑を掛けてしまうのですが、でもやっぱり良いスタッフになるには、お客さまの力が大きいですね〜。お客様が育ててくれるような気がします。お店が暇で、お客様が少ないと、育ちませんね、この辺が難しいところです。ですから良いスタッフを育てる為にお客さまには沢山来て頂かなければね。・・・よろしくお願いします。

2007年11月14日(水)
明日はボージョレーヌーボーの解禁日

あっと言う間の1年ですね。あの暑い夏が終わると、直ぐ冬と言う感じですが、冬から夏になるのには、あんなに長くかかるのに、何か損した感じですよね〜又長〜い冬が始ると言う、このごろですね。そんなことを考えているうちに、フランスワインのお祭り!ボージョレーヌーボーの時期、正確には11月15日午前0時が解禁です。でも少し変なのが、世界のお客さまに対するサービスなのでしょうが、このワインは本国の解禁前にもう日本に入っているのですよね。もし入っていなければ、解禁日に飲む事は出来ませんからね。だから少し変?今年摘んだぶどうを、早熟させて無理やりワインに仕立て、今年のワインの出来を占う、と言うのがボージョレーヌーボーの趣旨ですが、何で全世界いっせいに飲めないといけないのでしょうかね〜。もちろん飲めて嬉しいのですが、本来の姿、例えばフランスからボージョレーヌーボーのニュースが伝わって、それから日本に輸入されたものを飲んで、「なるほど、今年のワインは出来が良い」なんて、判断するのが本来の形ではないかと思うのですがね〜。そう思うのは私だけですかね?何かありがたみが無いような〜。フランスでは15日解禁それをその場で空輸して、日本では16日とか、アメリカなら15日の午後とか、もちろん空輸ですから高いですが、その方がフランスワインのプライドとか価値観みたいなものが、あるような気がしますがね。まあともあれ今年もボージョレーヌーボーさあお味はどんなでしょうね。楽しみです!

2007年11月15日(木)
本日ボージョレーヌーボーの解禁!

結論から言うと、「美味しい!」今年のボージョレーは美味しい!少し渋みが強いですが美味しいですね。皆さん忙しいのかあまり沢山のお客様は見えなくて、スタッフのほうが多いくらいでしたが、当店で捏ねて焼いたフランスパンと共に飲んでいただきましたが、美味しかったですね。お客様が少なかったので、用意したボージョレーヌーボーが残ってしまいましたが、金曜日に来ていただいたお客さまにもサービスで出す事が出来るので良しとしましょう!

2007年11月19日(月)
11月だというのに・・・

昨年の11月もこんなに寒かったですかねえ〜。弥生町が静かなせいか、寒さが強く感じられますね(笑)夏になるのはすごく時間がかかるのに、冬になるのは早いですね。寒くなるとか、雨が降るとか、雪が降るとか何か気候の変化が有ると、皆さん一斉に、遊びに出なくなってしまうので、弥生町の飲み屋街は本当に静かになってしまいますね。今年も残す所1ヵ月になりましたから、たくさんのお客様が飲みに出て、弥生町がにぎやかになれば、鳥取市の活性化になるのですがね。今のように国をあてに出来ないなら、地元だけでも、地産地消で行けば良いのに鳥取のお金はすべて県外の企業が持って行ってしまうので、鳥取はどんどん貧乏になりますね。鳥取で儲けたお金を鳥取で使ってもらう。この考えを持たなければ駄目ですね。鳥取でお金を使いましょうキャンペーンを県を上げてするとかね(笑)鳥取でお金を使う人は鳥取の活性化に貢献しているから表彰するとかね。何しろ皆さんお金は持っているのに目立つ所では使わない、だから県外へ行って使う、姫鳥線が出来たらもっと鳥取からお金が出て行きますね。鳥取には産業が無くなる!観光のお客様が少しはお金を落としてくれますが、その税収はまた県外で使われる訳ですから鳥取には残らない(悲)鳥取はどんどん貧乏になりますよ〜〜何しろ鳥取で稼いだお金を鳥取で使うように奨励しなければ解決しませんね。「お金を使う事は良い事だ」にならなければ・・・・。鳥取の景気だけでも良くしたいですね。皆さん頑張ってのみにきてくださ〜〜〜い!