スタッフ募集中
ご意見、お問い合わせ
TEL 0857-21-7768
鳥取弥生町
ラウンジ

ラリック&バカラ
はじめから読む
お店のひとり言

                    Copyright (C) 2006 LALIQUE & BACCARAT. All Rights Reserved

<<前のページ | 次のページ>>
2007年8月17日(金)
9月でも泳げる鳥取・・

突然!静かになるのが観光地の特徴なんですが、鳥取も他の観光地と変わらない様で、極端に静かになりましたね。繁華街の弥生町も静かです・・・・。本当はこれからの鳥取が気候もさわやかで、山は緑が深く、海は静かで、透明度も上がって、言葉では言い表わせない程、綺麗になるのですが、それを知らない方が多いですね!いや知っていても、当たり前だと思って毎日見ているのでしょう。宍道湖の夕日が綺麗だそうだから、見たいと言って、東京からわざわざ飛行機で来た友人が昨年いましたが、砂丘に沈む夕日とか浦富海岸の夕日を見せたら、こっちの方がはるかに綺麗じゃないのと、言っていました。何で宣伝しないのとも!そうなんです。宍道湖の夕日はそこへ行かなければ。見ることは出来ませんが、鳥取、山陰海岸に沈む夕日は鳥取なら何処でも見ることが出来ます。それと海!海水浴は「8月だけ」なんて古い考え方が、まだ有るのですね〜?鳥取の海は10月下旬まで水温26℃、北風が吹くまでは、波は静かです。こんな素晴らしい鳥取を宣伝しないなんてね〜。話は少しそれますが、アフリカのサファリパークの方が毎日見ている象やライオンやシマウマを見て「これが珍しいの?」、なんて言っているのと同じ様な気がしますね。(笑)
他は知りませんが、浦富海岸では25年〜30年前までは、真夏でも海水浴場に人は少なくて、欧米系の外国人の方が沢山いらっしゃいました。でも海水浴場が段々混んで来ると、いつしかいなくなったのですが、今度は人のいなくなった9月ぐらいにお見えになる様になりましたね。それを見てやっぱり欧米の方達は、鳥取の価値を良く知っているなと感じたことがあります。これから姫鳥線が開通するなら、それを利用して何も無い鳥取ですが、手付かずの自然と9月まで泳げる海、鳥取!、お魚の美味しい鳥取!なんて宣伝、出来たら都市圏の方達は押し寄せると思うのですがね。さあ〜これから冬までの綺麗でさわやかな鳥取をもう少し楽しみましょう。お店の方もよろしくお願いします。

2007年8月20日(月)
美味しいお酒・・・・そのC

前回は、最近流行っている、ウィスキーの飲み方でハーフロックをご紹介しました。今回は皆様に1番ポピュラーな飲み方、水割りについてです。これもお酒とお水のカクテルですね。1番多くの方がこの飲み方でウィスキーやブランデーそして最近では焼酎も水割りにしてお飲みになっていらっしゃると思いますが。簡単な飲み方ほど奥が深いのですね。先ず一緒に混ぜる水、正確にはミネラルウォーターですね。混ぜる時のお酒の比率、氷の質、味、ミネラルの質、味、これが微妙なバランスによって水割りの味が変わってきます。何度かご自分のお酒をお店で飲んだ時、あれ?今日はやけに美味しいなと感じたことが有ると思います。飲むときはいつも美味しいとおっしゃる方も、特別な時が1度や2度有ると思うのですが、これはその微妙なバランスが偶然うまく行った時なんですね。私も何度か経験したことがあるのですが、これを毎回作るのは不可能だと思っています。それくらい微妙なのですね。お酒の味、分量、ミネラルの味、分量、アイス(氷)の味、溶け具合、その上その時の体調、外気の温度、グラスの重さや冷え具合、口当たり、そして飲む時の雰囲気。その他色々な要素が微妙にバランスして、あのとても美味しい水割りが飲めるのですね。お酒を知り尽くしたプロ中のプロの方なら毎回美味しい水割りを作ることは出来るでしょうが、私には難しいですね。でもそれを作りたいと、いつも考えているのですが、めったに出来ません。ただ当店ではウィスキーの分量を正確に出す為に、初めにウィスキーを入れ(中指をグラスの底の方に当てて、その指の太さ分の高さまでお酒を注ぐ、これをワンフィンガーと言う)その後に氷を入れて、次にミネラルウォーターを注ぎ入れ、静に混ぜる。を心がけています。こうする事によって、お酒とミネラルの分量を適切に保ちたいと考えているからです。お料理と同じで、水割りを作る時、美味しくなれと思いながら作ると美味しく出来上がりますよ!不思議ですね。(笑)私どもの水割りの作り方は前記の通りですが、ご自分なりの水割りの作り方を持たれると面白いと思いますよ。こう言う風に書いていると、こんな暑い日は良く冷えた、水割りをググッと一杯飲みたくなりますね。どうぞ今日もラリック&バカラの美味しい氷と、ミネラルウォーターで作った水割りを飲みに来て下さい。(涼)

2007年8月23日(木)
凄い雨・・・

前日から降り出した雨が凄いですね〜。前日お店に行こうと思って車を走らせていたら、前が見えないほどの雨!久しぶりでした、こんな時はお客さまの出足が鈍って、暇な時が多いのですが、本当にこの商売は水物!沢山のお客さまがご来店!嬉しい限りです。こんな雨の中、当店へ来て頂けるなんて、本当にに感謝、感謝、です。そんな昨日が有って、今日!木曜日いつもなら忙しい日なのですが、全然お客様が見えません(悲)やがて御1人、御2人とお見えになったお客さまから、おい今日はどうしたの?なんて聞かれてしまう始末。こちらのほうが聞きたい位ですよね。でもお客さまの心は、気まぐれですから、こんな時もありますよと言って笑顔を見せるのですが、心の中は他のお客様に嫌われちゃったのかな?なんて心配して・・・・・。これの繰り返し、又沢山のお客様がお見えになる日を夢見て今日も頑張るだけ、なんてね!!(笑)(汗)。明日の金曜日お客様が沢山お見えになりますように(祈)

2007年8月29日(水)
あっと言う間に秋・・・・・

急に天気が悪くなって、鳥取は本当に季節の変わり目が良く分かりますよね。暑い夏は1ヶ月ほどしかなかったのじゃないですかね〜。夏は短い!(悲)9月というのは暦的には、秋なのですが、天気さえ良ければ、まだまだ夏!一年で1番さわやかな時期じゃないかな?と思っているのですがね。昼間カラッと晴れて、夜は涼しく寝られる、雨さえ降らなきゃ良い時なのに、これから少しの間、雨が続きそうですね。せっかくの夏の終りの余韻が無くなってしまいますね。これからは、「秋の夜長、隣は何をする人ぞ」、なんていう時期ですし、「秋の日はつるべ落とし」と言うぐらい、日中が短い時期ですよね。(秋の季節感を昔の人は良く言い表わしていますね) さあこれからは、秋の夜長をゆっくりと飲める時期、お仕事の後はラリック&バカラでゆっくりと飲んでください。そうしないと、後4ヶ月で今年も終わっちゃいますよ(笑) お待ちしていま〜す!。

2007年9月7日(金)
少しご無沙汰でした・・・・

毎日変な天気が続き、その上、毎日静かな弥生町です。関東の方に台風が上陸して、ずいぶん久しぶりではないのでしょうか?あの大きな多摩川が溢れていましたね〜。幸い鳥取には台風が来なくて良かったのですが、天気が悪くてムシムシして嫌な感じですね。あの夏は何処へ行ってしまったのでしょうね。話は変わりますが、弥生町の静かさは、ここで30年余り仕事をしている私でも、初めての経験ですね。皆さんご存知だと思うのですが、その町なり,その県なり、その国なりが繁栄しているか、言い換えると景気が良いか活気が有るかの判断は、その所の繁華街を見れば直ぐ分かると言いますね〜。その判断基準で行くと鳥取は(少なくとも鳥取市は)今までに経験したこと無いほどの不景気でしょうね。皆さんに、遊ぶと言う余裕が無いのでしょうね。先日神戸の方へ行って来たのですが、やはり神戸も日曜日だと言うのに、今まで見たことも無いほど、人と車が少なかったですね。でも東京は違っていましたね。人は多いし活気が有って凄い熱気を感じました。一般に言われるようにやっぱり一極集中しているのでしょうか。新聞で読んだのですが東京の人口はどんどん増えているのだそうです。その分地方は減っているのでしょうね(悲) 鳥取だけでも何とか活気の出る方法を取ってくれませんかね。新しい知事さん!!(笑) またまた話は変わりますが、先日の新聞に、日本に住んでいる中国の方が、日本の現状を客観的に書いていたのですが、それによると日本には昔から清貧と言う、素晴らしい考えがあるが、それが一人歩きして、最近は貧乏は良いこと、それがどんどん進んで、今ではお互いに貧乏自慢をするようになってしまっている。従って、いかに自分は安い物を買っているかを自慢し、いかに自分は収入が減って質素な生活をしているかを自慢するようになっている。それが一所懸命頑張って少しでも収入を増やそうとする人がいると、その人は欲張りで、ニュアンス的には独りよがりな人みたいに言われてしまう風潮に有る。これでは今の中国の少しでも豊かになろう、少しでもお金を稼ごうと言うバイタリティーには勝てないのじゃないだろうか。と言う様なことを書いて有りましたが、その通りだなと感じましたね。日本でマイカーブームが起きた時、かのT自動車のCMに「隣の車が小さく見えま〜す」なんて言うキャッチがあったのですが、あの頃の日本はこのキャッチで分かる様に他の人より少しでも良いもの、少しでも上の生活を目指していたのですよね。だから高度成長して、所得も倍増になって、みんながニコニコしていて、世界に躍り出ていくパワーが有ったのですが、あの頃の日本は何処へ行ったのでしょうね。愚痴を言っててもしょうがないので頑張りましょう〜と!こんなに静かだと書くことが愚痴になってしまって嫌ですね〜(笑)