スタッフ募集中
ご意見、お問い合わせ
TEL 0857-21-7768
Copyright (C) 2006 LALIQUE & BACCARAT. All Rights Reserved
鳥取弥生町
ラウンジ

ラリック&バカラ
お店のひとり言


<<前のページ | 次のページ>>
2006年11月22日(水)
はじめまして
今日からネットデビューです毎日有った事や、夜の商売に関するよもやま話を
独断と偏見で書いて行きますから、つまらない話でも怒らないでくださいね。
さて最初に何を書いたらよいやらねえ〜。
しかし他は知りませんが、お客さんが居ませんね、世の中はいざなぎ景気を超えてなどとほざいておりますが、街は静かその物!このままでは日本の将来が・・・・
責任者出て来い等と叫びたくなりますね。(古いか!)
2006年11月22日(水)
外国のお客さん

本日は久しぶりに外国のお客様が、来てくれました。お国はと言うと、マ イケルをミハエルと発音する国の方ですね。当店のママが一生懸命サービスしていましたが、なん となく言葉が通じている様な・・・・・でもほとんどが英語だったようで、楽しそうに談笑してい ましたから、喜んで頂いた様な・・・・。この部分がストレスの溜まる仕事ですよね
言葉と態度では、楽しかったと言ってくれているのですが、近いうちにもう一度来て貰えると少し だけ気に入ってくれたのかな?と、見えない物を売る商売は大変です。でも本当に気に入てくれた のが分かった時は、うれしいですよね。さあ〜明日もがんばろ〜うっと

2006年11月23日(木)
昨夜は・・・・

久しぶりに忙しい日で、うれしいですね。
お客様が沢山来て頂けると言うのは、本当にうれしい事です、こんな日が毎日続いたら
言うこと無しですが、中でも久しぶりにご来店して頂いたお客様がいると、ああ〜当店を忘れていなっかったのだなと、少し安心しますよね。でも今度は忙しくてお客様にちゃんとサービスが出来たのか心配になりますねえ〜やっぱりストレス ストレス・・・・・。          
最近の私たちの商売は、携帯電話によって替わりましたよね。携帯の無い頃はお客様にお誘いの電話をするにしても、お仕 事中にご迷惑じゃないかと、あまり電話を掛けられなかったけど、携帯電話の時代は、電話を掛けないと「せっかく、番号を教えたのに掛けて来な いと言う事は、お店に来て欲しくないのだな」と、言われてしまいます。お店の方に番号を教えてくれれば、定期的に電話を掛けられるのですが、ス タッフに個人的に教えるので、スタッフが電話を掛けたかどうか、管理出来ないですね・・・・、スタッフが電話を掛けなければ、お店の責任です からねえ〜。 何とかしなければ・・・・・

2006年11月24日(金)
またまた忙しい うれしいけど・・・・

ここへ来て、急に忙しくなって大喜び!でも今日のお客様の来方は、本当にままならないですね。
先日の忙しさは4人以上の団体のお客様で、7人のスタッフでも十分な売り上げが上がるのですけど、
週末の金曜日だって言うのに、一人一人のお客様が多くて、贅沢を言ってはいけないけど、
一人のお客様から売り上げは上げられないし女の子は一対一でサービスしなければならないしで、
効率はめちゃめちゃ悪いのです。
お客様が来て頂けるだけでも、ありがたく感謝しなければならないのに、本当に人間の欲とは
際限が無く、情けないですね(笑)

2006年11月25日(土)
本日も うれしい日

早いですねえ〜。もう11月も終わりですね、今年も後一月で終わりです。
毎年々、年初めには、今年こそは飛躍しようと誓うのですが、暮れになると
今年も何をやっていたのかと情けなくなりますね。こんな事が20年も続いていると
私という人間は何なのだろうと、否定的になってきますねあ〜あ本当に今年も後1ヵ月、
自己嫌悪 自己嫌悪・・・・と言いつつ、来年も年初めの今年こそはと、誓うのだろうなあ〜
宝くじでも当らないかな(笑)
宝くじが当ったら人生が変わるのだろうなあ〜。もし当ったら如何いう風に変わるのかな?
鳥取では割と3億円を当てている人が多くて、たった13万人しかいない弱小都市ですから
当った人は、うわさになって同じところに住んでいられなくなって、引っ越したとか中学生の
子供同士がお金を出し合って、買ったら当ってしまって、親同士が取り分でトラブったとか
毎年1人か2人は、当っているような、うわさを聞くけど、本当かな〜。????
まあ〜とりあえずクジを買わなければね。

2006年11月27日(月)
日曜日明けは月曜日、当たり前!

山陰地方鳥取では、11月後半から毎日天気が悪くなり、晴れる日がたまにしか無くなります。嫌ですね!
11月を過ぎ来年の3月位までは、太陽が恋しくなるほど、日の差すことが少なくなります。
毎年ですが、この時期になると山陰地方とは、よく言った物だなと・・・毎日がもの寂しく、じめじめして、
薄暗い時期を表しているなあ〜と感じます。一時期、このイメージを変えようと言う声が上がったのですが、
あの声は何処へ行ってしまったのでしょうね。日本の西海岸地方とか、西日本海地方とかね・・・・・。
名前を変えたら少しは11月からのこの時期のイメージが変わるかな?正確には調べていないので、
分かりませんが、鳥取県の南側、岡山県との境に中国山脈だと思うのですがここに少し長いトンネルが
有って、このトンネル、タイムワープしたように、入り口と出口では全然気候が違う、これは見た人で
ないと信じられない光景ですよ!鳥取県側から雪の中をスノータイヤ、チェーンを着けて、それも前が
見えないくらいの吹雪、その中をやっとトンネルに入って通過してみると、岡山県側は快晴!
空は何処までも高く真っ青で、太陽はまぶしいくらいに輝いている。これは見た人でないと、
説明できないかもね?鳥取って、冬が好きな人にとっては良いけど、夏の素晴らしさに比べると信じられない冬です。
ですから、これからの時期、仕事以外は冬眠です!暖かい家の中でじっとしている、これが1番、
スキーやスノボーをやる人にとっては、とてもよい時期でしょうけどね(寒い)
さあ仕事仕事、寒い時期お客様に暖かい気持ちになって頂く為に頑張ります!

2006年11月28日(火)
静かな日

静かな日でしたね。本当に景気が回復しているの?東京や大阪などの大都市ではその様でしょうが、
鳥取のような地方都市ではねえ〜。忘年会などは日本の良い習慣と言うか、風習と言うか、長い間
続いてきた事なのに、バブル以降そういう風にお金を使うことが、悪い事の様になってしまって、
個人個人の仕事を通してのコミニケーションが取れなくなっているのではないかな?都会は知りませんが
最近の鳥取では居酒屋ばやり、みんなで居酒屋に集まって食事をして軽く一杯やって、
エンジが掛かって、さあこれから本音でしゃべれるのにと、言う時間に一次会で終わり、・・・・・・
じゃねえ〜。また昔の話になるけど、会社の上司に連れられて、いつも一緒にお店に
来られていた方がある時上司の方だけ抜きでお見えになったのですね〜、
「あれ?上司の方は」と、聞いたら「彼は転勤今度は私がトップだからね」と、
うれしそうに新しい部下の方を、紹介して下さった、あの顔は今でも忘れないくらい印象的でした。
もちろんお店としては、お祝いさせて頂きましたけどその方たちの、
飲んで騒いでいらっしゃる姿を見ていて、今度はどなたが上司になるのかなと、
楽しみに見ていた思い出が沢山あります。あの頃の日本は力強かったですよね。野心を持ちながら
上司の方の言うj事に一生懸命服従していて、それでいて憧れの上司になりたいと、
強い仕事に対する動機付けが有ったように感じます。もうあんな日本には戻らないでしょうね(悲)
最近の話では、昔 学生時代にこのお店でアルバイトをしていて、そのまま地元で就職した方が、学生の
時から仕事が出来ましたから、それなりに出世してある時「お世話になりましたけど、今度30人の部下を
持つようになったので、お祝いにみんなを連れて来ますよ」と、言ってくれたのですけど、当日になって
一人で見えて、「どうしたの?」と、聞くと「一次会が済んで、俺の世話になっているお店に連れて行くから、
付き合え」と、言ったら、子供を風呂に入れなければ、とか早く帰らないと女房が・・・とかで、みんな帰って
しまってすみませんと、申し訳なさそうに謝ってくれたのですが、時代が変わったなあ〜と、これからどうや
って仕事で部下を引っぱって行けば良いのか、分からないと・・・「僕らの時はとことん上司に付き合ったけどなあ〜」と嘆いていました。
本当ですよね〜これからの日本何処へ行くのかな????? でもがんばろう〜